■ライセンス制度の概要


<3級ライセンス(指導員・審判員)>
スポーツ鬼ごっこの公式大会において、副審をすることができる技能を有する。
スポーツ鬼ごっこの公式ルールを理解し、小規模の大会・イベントの運営をすることができる。また、少人数へ向けて指導を行うことができる。
スポーツ鬼ごっこの意義・目的・公式ルールの基本的知識を有している。


<2級ライセンス(指導員・審判員)>
スポーツ鬼ごっこの公式大会•イベントで主審をすることができる技能を有する。
数十種類の鬼ごっこを目的に合わせて活用できる技能を有する。
スポーツ鬼ごっこの中規模の大会・イベント・スクールの指導員・審判員として活動することができる。


<1級ライセンス(指導員・審判員)>
今後創設予定となっております。

詳しくは鬼ごっこ協会HPへ

■取得されている方について
・学校教諭(小学校・中学校・高校・大学)
・幼稚園教諭、保育士、学童保育職員、児童館職員
・各種スポーツクラブの指導者
・地域活動を行う団体の方
・民間企業、公的機関の方
・主婦(児童の保護者など)
・学生(大学院生、大学生、専門学生、高校生、中学生)

■原則として必ずご取得をお願いします。
「スポーツ鬼ごっこ」の競技としてのビジョンや目的、また「鬼ごっこ」の歴史的背景や意義を、学んでいただいた方々へ普及を担う指導員としてご活躍をいただきたいと考えておりますため、導入をされる場合は必ず『ライセンス』をご取得頂いております。
※イベント・大会の企画運営を、当協会で行っていただきたいというご依頼にも対応させていただきております。その場合は、ライセンス取得は必要はない場合があります。

■出張での研修会開催も行っております。
一定数以上の、ライセンス研修会を受講される方がいる場合は、講師を派遣して出張にてライセンス研修会を開催することが可能です。開催方法など、詳しくはお問い合わせ下さい。
講師は、本部事務局より担当講師を派遣致します。


<過去の開催実績>
・福岡県北九州市・福岡県八女市・島根県松江市・奈良県三郷町・山梨県甲斐市・東京都大田区・千葉県館山市・茨城県つくば市・福島県石川町・新潟県長岡市・岩手県久慈市、青森県弘前市など

■商標権(知的財産権)について
「スポーツ鬼ごっこ」は、(一社)鬼ごっこ協会において特許庁より商標登録(登録第5636396号)を取得しております。営利活動、非営利活動、公共活動を問わず、「スポーツ鬼ごっこ」のご活用をご検討いただけましたら、事前に弊社までお問い合わせください。鬼ごっこ全般(「スポーツ鬼ごっこ」を含まない)については、この限りではありません。