■国際スポーツ鬼ごっこ連盟として

国際スポーツ鬼ごっこ連盟(ISOF)として、個人、団体(国・地方自治体、公共団体、民間企業、NPO、サークル、ス ポーツ団体等)と連携していくにあたり、CSV(共有価値の創造)の考え方を組織運営に取り入れています。
 社会に必要とされる取組みを行い、事業の継続性を持たせるためには経済の発展は必ず必要なものとなって来ています。行政機関や民間企業、そして地域住民とも協力しながら、社会と経済の発展の相互を高めて、各地域コミュニティにとっての多様な主体同士で「共通」にあり「共有」できる「価値」を生み出し、日本そして世界を発展させていくことを国際スポーツ鬼ごっこ連盟として目指しています。


(C)鬼ごっこ協会から転載

■共有価値の創造とは

CSV(共有価値の創造)Creating Shared Value = 戦略的CSR
提唱者:ハーバード大学教授 マイケル・E・ポーター 2009年に国際連合、ハーバード、ネスレなどを中心に提唱をはじめた概念です。
※ネスレ日本株式会社の共通価値の創造のCSR活動「ネスレヘルシーキッズグローバルプログラム」を鬼ごっこ協会では行っています。


(1)製品と市場を見直す
→新たな市場の創出


(2)バリューチェーンの生産性を再定義する
→開発、製造、物流、マーケティング、販売、サービス


(3)地域の産業クラスターをつくる
→地域の多様な主体と事業を創出する。

(C)鬼ごっこ協会から転載

■CSVの民間企業にとっての可能性

共有価値の創造は、企業が事業を営む地域社会の経済条件や社会状況を改善しながら、 みずからの競争力を高める方針とその実行と定義できる。共有価値を創出するにあたって重視すべきことは、社会の発展と経済の発展の関係性を明らかにし、これを拡大することである。

(C)鬼ごっこ協会から転載