2017.10.20

『「鬼ごっこ」の時事』 Vol,7

 
平峯 佑志
一般社団法人鬼ごっこ協会
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 事務局長

今年も冬の季節が近づいてきました。夏が終わり、肌寒くて上着が必要になり、風邪のひきやすい季節となってきましたね。私も、外での仕事が多いですが風邪をひかないように頑張りたいと思います。皆様も、ぜひご自愛ください。
 
さて、今回のコラムでは鬼ごっこの研究活動について書きたいと思います。今年、つい先日に鬼ごっこ総合研究所という、協会直属の研究所を設立しました。鬼ごっこにまつわる様々な研究領域を、現場目線で社会に役立つ研究をしていこうという熱い思いをもって、協会のメンバーをはじめとして有志の研究者で旗揚げをしました。
 
鬼ごっこと聞くと、誰もが知っていて、誰もが遊んだことがあります。でも、あまり鬼ごっこを直接的に扱った研究は、協会代表の羽崎泰男以外にこれまで多くはいらっしゃいませんでした。当たり前すぎて、すぐそばにあるもので気にも留めない方が多かったのかもしれません。
 
鬼ごっこ総合研究所(通称:鬼ごっこ総研)は、本気で鬼ごっこを研究する研究機関です。鬼ごっこということで、遊びや教育をすぐに思い浮かぶかもしれませんが、それだけではありません。地域活性化、文化、CSR、社会福祉、コミュニケーション、栄養など様々なことを取り上げています。
 
来年には、初めての研究発表大会も開催することになっており、鬼ごっこ総研としての研究成果も発表を行っていきたいと考えています。ぜひ、鬼ごっこ総研の取組を今後ともご注目を下されば幸いです。

平峯 佑志 / Hiramine Yushi

一般社団法人鬼ごっこ協会
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 事務局長


1985年鹿児島県生まれ。日本大学法学部卒。大学在学中に鬼ごっこに出会い、2010年6月の鬼ごっこ協会の設立前より活動に参画。事務方の責任者として「スポーツ鬼ごっこ」の普及のための営業活動、広報活動、イベントの企画やプロデュースを行う。民間企業、大学、教育機関、NPO等で多数プログラム指導や講演会を実施している。知的財産管理技能士会の常設委員会交流委員としても活動をしている。
<所属学会>
日本知財学会、地域活性学会、日本マーケティング学会
<その他、所属>
一般社団法人東京スポーツクロスラボ 理事