2019.1.25

『「鬼ごっこ」の時事』 Vol,10

 
平峯 佑志
一般社団法人鬼ごっこ協会
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 事務局長

2019年を迎えました。
 
 鬼ごっこ協会が、2010年に設立されてから、年号だけで単純に考えますと、9年目を迎えました。9年という月日は、短いようで、とてつもなく長い期間であったように思います。現代社会は、数年という月日で大きく社会が変革をしてしまいます。2010年当時は、まだ今のようにSNSやデジタル端末は世の中に多くは流通していませんでした。
 
 そして、同じように私自身も9年という月日を過ごしてきたのかと思うと、まだ30代前半のみではありますが、かなり年を取ったように感じられます。2010年当時は、体力や気力も無限にあったように感じられますが、2019年現在は、少々の無理は効きますが、連日連夜のハードワークは体にも心にも負荷がかかるようにもなってきました。
 
 ですが、不思議とそのような変化については焦りを感じたことはありません。それは、鬼ごっこ協会の活動の幅が広がったことや、事業が増えてきたことや、事務的な機能が少しずつ改善されていることなども要因としては考えられますが、それ以上に仲間や友人が増えたことが焦りを感じにくい要因であるように思います。長く活動をしていると、時として困難に思われることも多くありますが、そのような身近な存在の人々がいることで、大変心強く、気持ちの余裕ができて、現実的に降りかかってくる負荷も軽減されるということが分かってきました。
 
 世間は、2020年のビッグイベントへ向けて大きく隆盛を極めていますが、鬼ごっこ協会では、どんな時代であっても変わらず、社会から必要とされることをやり続けていくというスタンスに変わりはありませんので、2020年も、2025年も、2030年も、いつの時代も変わりなく、できることをやり続けていきたいと考えています。
 
 2019年という、大きな節目となるであろう年も、心身が健康で家族、友人、仲間の方々とよりよい毎日を過ごしていけるよう、頑張っていきたいと思います。

平峯 佑志 / Hiramine Yushi

一般社団法人鬼ごっこ協会 S級ライセンス指導員・審判員
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 事務局長
鬼ごっこ総合研究所 主席研究員


1985年鹿児島県生まれ。日本大学法学部卒。大学在学中に鬼ごっこに出会い、2010年6月の鬼ごっこ協会の設立前より活動に参画。事務方の責任者として「スポーツ鬼ごっこ」の普及のための営業活動、広報活動、イベントの企画やプロデュースを行う。民間企業、大学、教育機関、NPO等で多数プログラム指導や講演会を実施している。また、各種学会では学術的な研究活動にも力を入れている。
<所属学会>
人工知能学会、日本知財学会、地域活性学会、日本マーケティング学会
<その他、所属>
一般社団法人東京スポーツクロスラボ 理事
<資格>
保育士