2019.5.3

『「鬼ごっこ」の時事』 Vol,12

 
平峯 佑志
一般社団法人鬼ごっこ協会
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 事務局長

  令和の時代となりました。日本の歴史の中では、初めての試みが多くあり、社会でも様々な議論が展開されています。時代の変化のスピードが、これまでとは比べられないほどに早くなっている今、昔の慣習や当たり前が、通用しないことも増えてきています。
 
 鬼ごっこも、これまで1300年続いてきている歴史こそはありますが、それはこれまでの話であって、これからもその歴史が繋がっていく保障は、どこにもありません。時代の変化によって、没落してしまった文化は多様に存在しています。
 
 鬼ごっこも、令和の時代において、どのような役割を果たしていくことができるのかについて、鬼ごっこ協会でも微力ながら、その歴史の継承と発展へと貢献していかねばならない社会的責務があると考えています。来年には、東京オリンピック・パラリンピックがあることを、うまく活用しながら、運動や体を動かすことの機運が高まっていることを利用していくことも、大切であると思っています。
 
 令和の時代は、まだ未知の世界です。その世界をどのようにデザインしていくかは、私たち一人ひとりの日本にゆかりのある国民であると考えています。平和で安寧な社会と、これからもなっていくように、尽力していきたいと思いますので、日本全国、世界各地の皆様よろしくお願い申し上げます。

平峯 佑志 / Hiramine Yushi

一般社団法人鬼ごっこ協会 S級ライセンス指導員・審判員
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 事務局長
鬼ごっこ総合研究所 主席研究員


1985年鹿児島県生まれ。日本大学法学部卒。大学在学中に鬼ごっこに出会い、2010年6月の鬼ごっこ協会の設立前より活動に参画。事務方の責任者として「スポーツ鬼ごっこ」の普及のための営業活動、広報活動、イベントの企画やプロデュースを行う。民間企業、大学、教育機関、NPO等で多数プログラム指導や講演会を実施している。また、各種学会では学術的な研究活動にも力を入れている。
<所属学会>
人工知能学会
<その他、所属>
一般社団法人東京スポーツクロスラボ 理事
<資格>
保育士・放課後児童支援員