2017.2.7

『「鬼ごっこ」の時事』 Vol,5

 
平峯 佑志
一般社団法人鬼ごっこ協会
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 事務局長

2017年を迎えて、初めての記事となります。
最初の記事といたしまして、スポーツ鬼ごっこが2019年に開催される茨城国体のデモンストレーションスポーツになりましたことについて、書きたいと思います。
私自身、まさかスポーツ鬼ごっこが活動をしてから、数年間で国体に携わることができるようになるとは考えておりませんでした。国体の種目というと、誰もが知っているスポーツ競技がなる印象が強かったため、新しい競技が携わることができる具体的なイメージはありませんでした。
しかし、茨城県つくば市で活動されている方々のご尽力もあり、つくば市スポーツ鬼ごっこ連盟の事務局をされているつくば市体育協会の方が種目化を実現をされました。協会として、何か特別な働きかけをすることもなく、こうして地元からの要望で実現したことは、今後の発展のためにもとても大きな出来事でした。
国体のデモンストレーションとはいえ、全国各地の方がスポーツ鬼ごっこを知っていただける機会になることは間違いありません。そのため、どのような方が知ったとしても、協会の運営体制や仕組みがしっかりと整備されていることが求められてきます。
今年は、そうした未来を見据えてシステム化を進めていく1年にしていきたいと思っています。
さらに大きく飛躍する機会となるように、下準備も確実に行っていきたいと思います。

平峯 佑志 / Hiramine Yushi

一般社団法人鬼ごっこ協会
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 事務局長


1985年鹿児島県生まれ。日本大学法学部卒。大学在学中に鬼ごっこに出会い、2010年6月の鬼ごっこ協会の設立前より活動に参画。事務方の責任者として「スポーツ鬼ごっこ」の普及のための営業活動、広報活動、イベントの企画やプロデュースを行う。民間企業、大学、教育機関、NPO等で多数プログラム指導や講演会を実施している。知的財産管理技能士会の常設委員会交流委員としても活動をしている。