HOME > 第2回研究発表大会 2019年3月10日開催

研究発表大会

第2回鬼ごっこ総合研究所 研究発表大会

(同日開催 第8 回鬼ごっこサミット: 公式HPへ

「beyond2020」文化プログラム

内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局の行う「beyond2020」プログラムに第2回研究発表大会が認証されました。
 

 
 
 

 【開催概要について】

・日付:2019(平成31)年3月10日(日)9:00~11:45(午後はサミットを開催)
・会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 5階 511号室
(住所:〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3−1)
・会費:2,000円
 
※会費のお支払方法、研究発表大会のお申込み方法は、こちらへ

【スケジュール】

9:00~9:15

受付

9:15~9:20

開会の挨拶

9:20~9:30

羽崎泰男 鬼ごっこ総合研究所所長より挨拶

9:30~9:50

松尾 泰範(所属:一般社団法人東京スポーツクロスラボ 理事・鬼ごっこ総合研究所 研究員)・平峯佑志・久保田淳・中島智

テーマ:「スポーツクロスの提唱とスポーツ鬼ごっこの事例考察」

9:50~10:00

平峯 佑志(鬼ごっこ総合研究所 主席研究員)

テーマ:「日本におけるスポーツ・レクリエーション団体の知的財産管理の現状と課題」

10:00~10:10

大沢 望(所属:一般財団法人CSOネットワークインパクトマネジメントラボ アソシエイト)

テーマ:「鬼ごっこ協会の活動の発展過程の検証~ステークホルダー分析を通して~」

10:10~10:20

金子 俊之 (所属:ふじみ野市スポーツ鬼ごっこ連盟)

テーマ:「SROI手法を活用したスポーツ鬼ごっこ活動の社会的価値評価」

10:20~10:30

岡村 尚美(所属:早稲田大学)・大崎 恵介(所属:山梨学院大学)

テーマ:「鬼ごっこを“つくる”Oninnovation Workshopの提案と実践」

10:30~10:40

山崎 功一 (所属:高知スポーツ鬼ごっこ愛好会)

テーマ:「運動有能感を高める小学校体育授業の実践Ⅱ-第4学年ゲーム(スポーツ鬼ごっこ)を通して-」

10:40~10:50

宮嶋 恵子 (所属:新宿スポーツ鬼ごっこ部)

テーマ:「声を出すことの重要性について Vol,2」

10:50~11:00

羽崎 貴雄 (所属:鬼ごっこ総合研究所 研究部長)

テーマ:「スポーツ鬼ごっこの普及とロールプレイングゲーム」

11:00~11:30

全体を通じての質疑応答

11:30~11:45

羽崎泰男 鬼ごっこ総合研究所所長より総評

11:45

終了

<開催趣旨>

研究発表大会は、鬼ごっこについて調査研究している研究者、実務家(ビジネスマン)、学校教員、団体職員、NPO職員、一般の方などが集い、日ごろからの研究発表や議論をする場です。目指していることは、研究や議論を通じて社会に貢献することができる成果を出すことです。青少年の健全育成や地域の活性化、文化振興、国際親善などに資する研究発表大会としていきます。

<開催目的>

■鬼ごっこについての考えを深める
・鬼ごっこに関する様々な研究内容を知ることで、理解を深めること。
■各分野ごとの研究動向
・鬼ごっこに関する最新の研究を学ぶ。
■研究活動の報告
・鬼ごっこの各分野の研究者の研究報告の場とする。


【研究発表申込について】 

締切日:2019(平成31)年2月15日(金)(必着)
・鬼ごっこに関する調査研究を募集します。
・発表要旨を作成し締切日までに提出してください。
・鬼ごっこに関する研究領域としては、参考としてはスポーツ領域、教育領域、地域活性領域、文化領域、健康領域、栄養領域、児童・家庭福祉領域、国際交流領域、コミュニケーション領域、人材育成領域、サステナビリティ・CSV領域、経営戦略・知的財産領域等があります。


<申込資格のある方>

下記のいずれかに該当する場合、申し込み資格があります
① 鬼ごっこ協会公認の大会・イベント・セミナー・研修会等に参加されたことがある方
② 鬼ごっこ協会の地域公認団体の構成員、会員、ライセンス保持者
③ 鬼ごっこ協会の地域公認団体の構成員、会員、ライセンス保持者からの推薦のある方
④ 鬼ごっこ総合研究所が推薦する方

<必須事項>

・別途、大会参加申込を必ず行うこと。
・研究発表申込書および発表要旨のデータを締切までに送付すること。


<研究発表の条件>

・発表方法は、個人発表、連名発表、団体・グループ発表の3つのうちいずれかとする。


<研究発表の方法>

・発表時間は1発表につき5分~10分程度、質疑応答を5分程度とする。
(※参加者の状況により前後します。)
・すべての発表が終了後、コーディネーターの進行で討論を行う。
・発表の際に使用できる機器はパソコン(windows)とプロジェクターです。データは事前に送付ください(動作確認のため)。
・発表の際は、パワーポイントをお使いになれます。各自ご用意ください。
・パワーポイントの資料を使われる場合は、データで資料を2019年3月1日(金)までに鬼ごっこ総合研究所事務局までメールをお願いします。
・配布資料がある場合は、各自で印刷してご用意ください(40部程)。配布予定の資料の内容は、事前にお知らせください。


<発表作成に当たっての留意事項>

・A4用紙2枚以内に、研究の目的、方法、内容、結論等をまとめてください。
・字の大きさはタイトルのみ14p、その他は12pにしてください。
・フォントは明朝体にしてください。
・発表タイトル下に氏名及び所属を入れてください。
・要旨の一番最初に著者の略歴をまとめてください。
・様式に沿って作成下さい。
・参加者配布分の発表要旨については、各発表者の要旨をまとめたものは事務局で印刷して配布させていただきます。

<発表論文記入シートのデータ>

下記のサンプルをご確認の上、記入シートをダウンロードして活用ください。
もし、ダウンロード等がどうしてもできない方は、事務局までご連絡いただければ、データをご送付させていただきます。
 
■発表論文の指定様式のサンプル
発表論文の様式サンプル.pdf
 
■発表論文の記入シート
発表論文の記入シート.doc


<研究発表申込方法> 

〔メール〕japan.onigokko@gmail.com 鬼ごっこ総合研究所事務局宛
上記のメールアドレスまで、発表希望の旨をご発表ください。
発表論文のデータも、添付してお送りください。
===============================
①発表テーマ
②ご氏名
③ご氏名フリガナ
④ご所属
⑤年齢
⑥ご住所
⑦電話番号
⑧メールアドレス
⑨団体発表の場合は、団体名
⑩連名の場合は、第2発表者以降の情報(ご氏名・ご所属・年齢)
=============================== 

参加の御申込、費用の御振込方法は鬼ごっこ協会HPの鬼ごっこサミット、研究発表大会の特設ページより行って下さい。下記のリンク先からお願いします。
↓↓↓
ご参加費の振込方法はこちらから
 


<発表の採択>

ご提出いただいた要旨を鬼ごっこ総合研究所にて内容を審査して、採択の可否を検討します。採択の発表は、2月中旬に行います。発表の趣旨等を勘案して、大会の趣旨に反したり公序良俗に反すると事務局で判断した要旨は、受付できない場合もあります。また、ご応募状況により、不採択となり発表を頂くことができない場合もありますので、ご容赦ください。事務局ではご応募いただいた方々には、原則としてできる限り多くの方へ発表を頂きたいと考えております。ぜひ、多くの方のご応募をお待ちしております。