甲斐アスとれ

代表者
花輪 和志

甲斐市を拠点に活動する総合型地域スポーツクラブ「アスとれ総合型クラブ」のトップチーム。全国大会では最多優勝回数を誇っており、全カテゴリーで優勝経験のある唯一のクラブチームです。選手は山梨県出身者を中心に結成されており、陸上、野球、バドミントン、バスケットボールなどあらゆる競技で活躍していた選手達で構成されています。クラブスローガンの「駆けまわる喜び」を胸に、選手一丸とフィールドを駆けまわり、勝利を目指します。
 


相模・湘南ハンターズ

代表者
飯田 琢郎

<クラブ紹介>
相模・湘南ハンターズは神奈川県の中央、海老名市をホームとするチームで、日本代表も数多く在籍する他、どのチームメンバーも様々なジャンルで活躍経験のある個性豊かなチームです。エンブレムの中心にある二本の矢には『相手の隙を突く素早い攻撃』と『油断を許さない素早い守備』という意味が込められており、獲物を狙う狩人のように常に攻め続ける姿勢を欠かしません。またハンターズでは月に一度「おとなのブカツ」というスポーツ鬼ごっこを楽しむ活動を行い、一般の方々への鬼ごっこの普及活動も積極的に行っています。ぜひ一度相模・湘南ハンターズの活動にご参加ください!
 


INBA J★Stars(いんばジェイスターズ)

代表者 
成田 勝也

私たちINBA J★Starsは、千葉県印西市をホームタウンとして活動している小学生陸上競技クラブ「いんばジュニアランニングクラブ」のスポーツ鬼ごっこ部門の上部組織として、新たに設立したクラブです。クラブのOB・OGである中学・高校生と、クラブのコーチである順天堂大学の大学生を中心に構成された、とても若いチームです。チーム名の真ん中にある「J」は、いんばJrの「J」とJUNTENDOの「J」を表し、その融合を意味しています。また、スターズ(星)は、チームとしてスポーツ鬼ごっこ界の「一番星」を目指す!という心意気を表しています。昨年までの「千葉JOLZA」の意志も継ぎ、スポーツ鬼ごっこを楽しむ姿を大切にし、全てのスポーツ鬼ごっこプレイヤーの手本となるチームへ成長していけるよう、邁進して参ります。
 


東京OC(東京鬼ごっこクラブ)

代表者
羽崎 貴雄

<クラブ紹介>
東京OCは、東京都内で活動をしているスポーツ鬼ごっこのクラブチームです。メンバーは、中学生から社会人まで幅広い世代で構成されています。日本代表選手も多く在籍しています。東京OCのモットーは「楽しむこと」です。勝負にこだわりながらも、試合を全力で楽しむ気持ちを大切にしています。また、地域社会にも貢献して、地域とともに成長していくクラブを目指したいと思います。
(※OC=Onigokko Club)

 


つくばLIGARE

代表者
杉浦 拓郎

<クラブ紹介>
つくばLIGAREは、茨城県つくば市を中心に活動する全国初の鬼ごっこを専門に活動する団体です。 LIGAREには、「繋がり、結び、絆」という意味があります。 つくばLIGAREは、「人を結び、地域を繋げ、親子の絆を深める」という思いから、子供以上に大人も真剣に鬼ごっこを楽しみ、様々な活動を通して、人や地域、社会との結びつき、繋がり、絆を深めることを目標に活動しています。今シーズンから、初めてONIリーグに参戦しますが、強豪チームに怖じ気づくことなく、子供達のお手本となる様に、選手一丸となって、攻める姿勢を常に持ち、試合終了の瞬間まで全力で走り抜き、勝利を摑み取りたいと思います。

 


ふじみ野ラビリティ

代表者
三澤 慎吾

<クラブ紹介>
ふじみ野ラビリティは、埼玉県ふじみ野市をホームタウンとした地域密着型のスポーツ鬼ごっこのクラブチームです。ふじみ野市や周辺に在住する中学生から大人までの幅広い世代のメンバーで構成されています。ラビリティとは、ふじみ=不死身・諦めないという意味の英語「Invulnerability(インヴァルナァラビリティ)」から着想しており、どんな時であってもチームのみんなで諦めずに前に進んでいこうという意味を込めています。トップチームとして「ONI リーグ」への参画、全国大会や各種大会へクラブとしての出場を行うとともに、スポーツ鬼ごっこの啓発活動を通じて、市民が元気にいきいきと暮らすことのできるまちづくりへの貢献を目指していきます。