HOME | SDGs・CSV

SDGs

持続可能な開発目標

SDGs

持続可能な経営

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標となっております。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

弊社では、団体ビジョンやミッションの下で、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組み、事業活動を通じて持続可能な社会の恒久的な発展に貢献していきます。
 
①地域社会の発展や地球環境の保護に取り組んでいます。
 
②持続可能な運営体制、企画運営、事業推進を行っていきます。地域社会の健全な発展のために、多様なステークホルダーとの協働(パートナーシップ)を行っています。
 
③地域、国家、文化の違いを越えた価値創造を推進しています。


目標③

すべての人に健康と福祉を

多くの世代の方々に、事業活動を通して健康と福祉の向上に貢献していきます。
 

目標④

質の高い教育をみんなに

弊社の鬼ごっこ事業を通して、多くの子ども達に質の高い人材育成を行うことに貢献します。
 

目標⑧

働きがいも経済成長も

弊社の事業に携わっていただく、全ての人が楽しく働き甲斐をもって頂けるように貢献していきます。そして、社会の発展にも寄与してきます。
 

目標⑨

産業と技術革新の基盤をつくろう

これまでには社会には存在しなかったサービスやプロダクトを開発して、社会に楽しくイノベーションを起こします。
 

目標⑪

住み続けられるまちづくりを

事業活動で携わっている地域のまちづくりに貢献していきます。
 

目標⑬

気候変動に具体的な対策を

環境負荷のかかることが無いような事業を行っていきます。環境に配慮した取り組みを行うことを心がけます。
 

目標⑮

陸の豊かさも守ろう

豊かな自然環境を守っていけるように、事業活動を行います。
 

目標⑯

平和と公正をすべての人に

社会の恒久的な平和と、公平な社会を築くことに貢献ができるように、事業活動を行っていきます。
 

目標⑰

パートナーシップで目標を達成しよう

事業活動を行う上で、多くのステークホルダーとパートナーシップを持ち、事業の目標を達成できるように取り組んでいきます。
 

CSV

共通価値の創造

CSV

共通価値の創造

Creating Shared Value

株式会社アミカ企画では、本業を通じた社会貢献として共通価値の創造(CSV=Creating Shared Value)を推進しています。地域社会において、経済と社会の相互発展を目指して、多様なステークホルダーと協力していきます。

共通価値の創造とは、企業が事業を営む地域社会の経済条件や社会状況を改善しながら、自らの競争力を高める方針と、その実行と定義できる。共通価値の創造を創出するにあたり重視することは、社会の発展と経済の発展の関係性を明らかにして、これを拡大することであります。